男性の味方

レビトラとは、ED治療意薬を御存じの方であれば、誰しも知るバイアグラとシアリスと同じく世界3大ED薬として知られているが、ドイツに本社持つバイエル薬品という制約会社で開発がされた。日本で販売がされたのは、バイアグラが販売をされた当時の2001年からは少しずれてから、日本国内にて厚労省の承認の申請が許諾され、2004年とバイアグラからは3年ほど遅れてから日本国内にて販売が開始された。このED治療薬の特徴ともいえることが、成分量が細かく分かれていることで、心臓への負担を気にする方や、もしくは軽度の方向けにも使用することができることから、幅広い層からの人気を博した。
成分量は5mgから、10mgとそして20mgが存在します。20mgに関していえば、なんと2007年に発売がされました。
この商品が人気なのは、他のED治療薬とは違い、成分量が細かく分かれていることだけではなく、このレビトラという商品名にもその製造したドイツのバイエル薬品の思いが乗せられており、ラテン語で男性の生命という意味を持っているのです。そしてパッケージにロゴのような象徴として掲載されている炎のマークなのですが、これはマッチの炎を表しているらしく、擦りすぐに着火する。つまり、この商品を服用してすぐに着火するといった意味を持たしているらしいです。
実際にこの商品を愛用している方などの実体験などを目にすると、バイアグラなどの他のED治療薬とは違い、服用してからすぐに勃起させることが出来る、など、服用してからのその効果効能が効くとのことでとても好評です。
これだけ人気の商品で、そして効果効能もすぐに効く商品であることから、1日に性行為をする際には毎回服用されたいという方がいらっしゃいますが、レビトラの服用方法を記されたインターネットや、掛かり付けのお医者様からその服用方法を教えて頂けると思いますが、1日に1錠として服用の間隔は24時間以上を空けなければなりません。
成分量が少ないものであれば大丈夫であろうと服用されてしまう方が多いようですがそういった無理な服用は決して辞めてください。
近年では個人輸入にて簡単にこれらに類似する商品も1個人が購入することが簡単になっていることから、しっかりと使用方法を守って楽しい性生活を送りましょう。